5,660,067 views 630 on YTPak
6,130 2,244

Published on 25 Aug 2014 | over 3 years ago

No1664
Loosening anus- funnel slope area and pubicbone-groin-outerpelvis area made his penis bigger.
As I said before, until yesterday, penis was pulled to sink by bodywide tension, especially tension of the hip-perineum region.
Anus-coccyx area is the problem, they pull penis to sink into pelvis
今日、いい感じである。腰痛、肛門痛はまったくないという。
最初から肛門の話が出て、そこをほぐすとペニスが大きくなるみたいなんです、とおっしゃる。先日の、痔に手術後が痛い人のはなしをして、それじゃ今日は肛門のまわりをほぐしましょう、と開始した。
といっても、最初は両方のふくらはぎをイスでほぐすことから開始。
「あ、いいきもちですね」で正しい開始とわかった。
それから、ベッドで横になって肛門。ずいぶん時間をかけた。
会陰あたりも。「立ってきます、大きくなるみたいです」と、効果を確認しながら進んだ。
L5横の骨盤後上端に振動s-Sをあてると耳がかゆくなる。左のときは左の耳、右のときは右の耳。すなわち、チリチリというような音を伴う振動s-Sは脊柱の振動を引き起こしていて、頭にも伝わっている、全身に伝わっている、ということであろう。
仰向けで股関節、恥骨域、さらにペニスワーク。
あきらかに先日までのペニスより大きくなっている。肛門域が今まで引っ張っていたということであろう。骨盤のまわりをほぐす、という方針の中にこのテクによって肛門域もほぐすことを加えるべきである。
射精、50%ということであるが「このまえほどはっきりした開始パルスは無かった」という。しかし、「このまえよりおおきく、固いという実感がある」と。
Customize Your Hybrid Embed Video Player!

6-digit hexadecimal color code without # symbol.

 

Report video function is under development.

 


Loading related videos...